Home » インフォメーション » 詳細

インフォメーション

【BLOG】【社長Blog】大掃除を知恵で楽しもう

2016-12-28
◆年末恒例の大掃除。たかが掃除と馬鹿にするべからず、大掃除には大きな効能があります◆単に回りが綺麗になるだけではなく、清潔性を保つことは「健康管理のベース」。汚れは異常のサインです。なんでここが汚れているのかを検証して下さい。もしかすると建物・設備的に損傷があるかもしれません。適切な営繕を施せば「物の寿命を延ばす」ことにもつながります。綺麗・清潔・健康管理・異常の早期発見、適切なメンテ示唆。
◆元々、管理会社はお掃除のプロとして生まれました。現場大好きの私から、ちょっとしたアドバイス(知恵)。
◆どんな仕事も段取りが肝心です。始める前に目的を明確にしましょう。
◆準備段階その1:●掃除対象はどこか?浴室、キッチン、トイレ、バルコニー、窓回り、玄関回り、外構 ●部位は?天井、壁面、床面、窓・網戸、照明器具 ●手の届く場所か(脚立等は必要ないのか)、雨がかりしないか、出入り作業しやすい場所か(周辺の片付けを先行)作業しやすい環境を作って下さい ●周辺への影響はないのか、養生の必要 ●どんな種類の汚れか?泥、埃、水垢、手垢、油、カビ、適切な洗剤(基本は酸性かアルカリ性)や必要な道具類は用意できているか ●素材は何か。木部、布、陶器、石材、ゴム系、金属(鉄、銅、アルミ、ステンレス)ガラス、プラスティック。
◆作業段階:●手順。例えば天井と床が対象なら、天井が先です。「上から下へ、一番奥から手前」への順番をキープして下さい。順序を間違えると不必要なやり直しが生まれます。●箒、チリトリ、バケツ、雑巾を用いての、掃きふき・、ブラッシングが基本です。但し、ブラッシングは、素材を傷つける1歩手前が限界です。
◆プロが使ってる七つ道具紹介。
①歯ブラシと歯磨き粉(細部と研磨) ②綿棒(細部)指サック ③カッターとメジャー ④マジックリン洗剤(万能です)⑤+-ドライバー ⑥皮スキ ⑦金属たわし
◆地球環境・政治・経済・宗教・世代交代、どの面を取り上げても「激動」の1年が終わり、平穏な日々であって欲しいところですが、多大な宿題を抱えたまま2017年を迎えようとしています。
◆良い年をお迎え下さい。

インフォメーション
インフォメーション
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

ページトップへ