Home » インフォメーション » 詳細

インフォメーション

【BLOG】【社長Blog】売買仲介依頼先は管理会社がBEST仲介で未収金も解決

2015-02-05
◆総戸数12戸のマンションで、事情があって管理費等の未納金が100万円相当までに膨らみ、管理組合からも訴訟提起が予定されている区分所有者から売却の相談を受けました◆管理組合・管理会社の立場からすれば大口未収金の解決は資金繰り上からも重大なテーマです◆売却可能価格から負債を差し引くと仲介手数料で協力すれば何とか纏められると判断し、管理組合の立場に立ってお預かりすることになりました◆管理会社は、物件のことを一番熟知しています◆購入者の立場からしても、売主に未収金があったり、修繕積立金残高が少なかったり、入居後に一時金負担による大規模修繕工事が予定されていたり、管理組合活動基盤が脆弱だったりすれば、購入後に思わぬ負担増が生じます◆住民の特性や自治会活動やリフォームルールなどのソフト面も事前に把握しておきたい項目です◆仲介業者に払う手数料は法律で上限が決められており一律です◆同じ手数料なら、物件を熟知して売主・買主双方に有効な情報が提供できる管理会社を優先的に選ぶことをお勧めします◆不動産仲介業のノウ・ハウとは、元々、物件の価格・広さ・立地というハード面だけのマッチングで決められるものではなく、買主・売主の見えないソフト条件を調整することにあります。普段から人と人が織りなす生活管理を得意とする(不動産免許をもっている)管理会社を是非ご活用下さい。

インフォメーション
インフォメーション
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年

ページトップへ